No.07 柴崎 るり子(しばさき るりこ)

柴崎 るり子

群馬県出身、東京都在住。

女子美短大を卒業後、趣味で風景画を描きながらアルバイトや派遣社員として働く。
その後、1995年よりイラストレーターとして書籍や広告の仕事に携わる一方、心理学にも興味を持ち、カウンセリングや催眠療法を学ぶ。

“子どもの心を豊かに”ということをテーマに、2000年以降は絵本画家としても活動を始める。数年前から妖精に導かれて絵を描くようになり、『妖精画作品展』と『イメージワーク』『パステルワークショップ』『童話のスライドショー』などを全国で展開している。

2009年より雑誌「アネモネ」の表紙イラストも担当、多方面で幅広く活躍中。


作品

黄菖蒲
[作品を拡大して見る]

黄菖蒲

花の精たちが遊んでいる。
話し声は美しい歌になって、笑い声はきらきら光の粒になる。
そこにはとっても優しい時が流れている。

そんなことに目を向けると、優しい気持ちになる。
そしてもっと花に優しくなる。
もちろん人にも優しくなる。


チョコレートの精
[作品を拡大して見る]

チョコレートの精

カカオの木では、妖精たちがチョコレートをつくっています。
こんなふうに作っているわけではないけど……。
チョコレートを食べる時、
妖精たちも手伝って育ててくれたカカオの実だと思うと
「おいしい……ありがとう、みんなのおかげだよ」
と大切にする気持ちと感謝が湧いてくる。

すべての食べ物、すべての関わっているひとたちが
みんな幸せに過ごせますように。小さな何かを始めたくなる。


みんなつながってるよ
[作品を拡大して見る]

みんなつながってるよ

風が遠い日の記憶を運んでくれる。
植物は地球を覆って、どこまでも想いを伝えてくれる。

子象が少女に見せてくれたあたたかい世界。
もう会えないお母さんの帽子が、風に吹かれて少女のところへ飛んできました。
『みんなつながってるよ。もちろん、わたしとあなたもね』
そう言って子象は少女の頬をなでました。

あなたの小さな優しさは、そんなふうにどこまでも伝わっていく。


このアーティストさんへのありがとうメッセージをお待ちしております。あなたからのメッセージは、小さな優しさ展主催者より、アーティストさんへお届けさせていただきます。

メッセージを投稿する

柴崎 るり子

ライフワーク

  • 「大きな森のおばあちゃん」(作・天外伺朗)のスライドショーを、イベントやパーティーなど全国で上演。
  • 「ぽんちとちりん」「ぼくはほしのこ」「ぞうのこどもがみたゆめ」(作・志茂田景樹)
  • 「ボクらの街のボクらのお金」(作・あべよしひろ)
  • 「花子!アフリカへ帰っておいで」(作・天外伺朗)

など、数多くの絵本の絵を担当。

http://www.creche.jp/


このアーティスト・団体へのコメント

コメントを見る

  1. ntaka より:

    「みんなつながってるよ」の子象と少女、いいですね。

    なんだか、自分の子供の頃の感覚がよみがえってくるような…

    懐かしさと、安らぎを感じます。

▲ページ上部へ戻る